お買い物ならここ♪


成田街道から田喜野井・大久保方面に向かう

自衛隊裏口通りは多数のスーパーなどが立ち並んでおります!


その中からいくつかご紹介致します。


   『ウェルシア』


ウェルシア(田喜野井).jpg



化粧品、日用雑貨をはじめ食料品なども販売しております。

また、写真からもご覧頂けるように

近隣病院の処方箋受付もしております。



営業時間 10:00AM 〜 24:00PM 



   『Big-A』


ビックA(田喜野井).jpg


個人的には、お値段も格安商品がそろってるかと…

お酒から食料品ございます☆


営業時間  24時間営業



   『ちばコープ』


コープ(田喜野井).jpg


こちらも食料品をはじめ

ATM(ちばぎん)・クリーニング・宅急便サービスございます☆



営業時間 10:00AM 〜 21:00PM



   『マルエイ』


マルエイ(田喜野井).jpg



こちらも中型のスーパーでございますが

以前はライフというスーパーでした。

その後にできたのがコチラ!!

2006年9月5日(火)から営業スタートです☆


スーパー内には100円ショップもございますよ!



他にも、飲食店やスーパーなどございます。

全てのお店、駐車場完備です♪

是非ご家族でお買い物へ〜〜〜







Google

津田沼駅南口


私共で取り扱っている賃貸及び売買物件の重点エリアである「津田沼駅エリア」

皆さんよくご存知の津田沼駅ですが、発展しているのは主に北口。

パルコ、イトーヨーカドー、イオン、丸井など、一時「津田沼戦争」とも言われた大型店舗が凌ぎを削っているエリアです。



駅北口の反対側・・・南口は?と言うと、千葉工業大学、ユザワヤ、サンペディックなどがあるだけで、ターミナル駅としての賑やかさには欠けていました。また、ダイエーが撤退して尚更寂しくなった感があります。

そして、そこを抜けると、36haもの市街化調整区域(農地)が見事に広がっているのです。

南口農地.jpg

しかし、ここで(仮)JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業の事業計画案が公表されたのです。

南口再開発.jpg

07年度から7年間を事業予定期間とし、開発整備を重点施策に位置付ける「習志野市」 が事業を支援します。

内容的には、駅に近いところから順に「都市生活拠点ゾーン」「都市型居住ゾーン」「共生型居住ゾーン」

ターミナル駅ゆえの商業サービス施設・高層住宅など、土地の高度利用を目指す一方、京成谷津駅干潟に近い「共生型ゾーン」には、2.2haの近隣公園や集合農地1.2haを計画するなど自然との調和まで意識しています。

都心まで電車で約30分の場所で、JR総武線沿線では唯一の大規模農地と言われているのですが、その中で耕作されている農地は半分程だそうです。

そこに開発される南口再開発は京成谷津駅までの大規模、横浜の港北ニュータウンをモデルに再開発を進めるようで、10,000人規模の街になりそうです。
Google

丸井津田沼店撤退


丸井津田沼店の撤退が決まりました。

ダイエー津田沼店に引き続き、大型店の閉鎖です。

丸井.jpg

撤退は仕方ないとして、次のテナントに期待します。

また、南口のユザワ屋撤退の噂もあります。大型店の撤退は時代の変革を感じさせますね。
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。