新津田沼駅前を再開発


津田沼のイトーヨーカドーは分かっていましたが、コナミスポーツクラブなどの敷地もみんな新京成電鉄の所有地だったのですね。

新京成電鉄より2015年度までの向こう3年間の中期計画が発表されましたが、そのうちの不動産事業で新津田沼駅周辺の再開発を行うことがわかりました。



2016年度以降の着工を目指し、同社が所有する津田沼12番街ビル(現イトーヨーカドー津田沼店)、および新津田沼駐車場の用地に新たな商業施設を開発するとのことです。
確か、ヨーカドーは私が中学生位のときにできたから、既に30数年経っていますからね。
老朽かも否めませんね。
当時から、イオンモールができるまでは、何かあるとヨーカドーへ入っていたような気がしますが、現在はお隣のイオンにお客さんを随分と取られてしまっているのでしょうね。

あれだけある敷地を使うと言う事は、低層で横に広い商業施設を作り、駐車場は地下か屋上でしょうか?
現在の駐車場は、停めてからお店まで少し歩くので、ちょっと不便です敬遠されている部分もあると思います。

とにもかくにも、対象地域としては、1万uの広さだと言うことなので、今度はどう再開発されるのか楽しみです。



Google
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。